【Wise送金の解説と手数料全て】 実際にお得か検証してみた!デビットカードや外貨両替とも比較!

お待たせしました!第四弾!

今回は外貨送金で有名なwiseが本当にお得なのかを検証していきます。

前回までの記事を読まれていない方は、是非こちらもお読みください!

目次

Wiseとは

まずはWiseで何ができるのか、簡単に説明します。

  • 日本から、世界中の国へお金を送る事ができます。
  • 基本的にその国の通貨へ両替された状態で、受取人に送金されます。受け取る側の口座は、現地の口座である為です。
  • Wiseのアカウント名と受取人の口座名は、同じでなくてはなりません。送金者の口座名は問いません。
  • レートは、送金されたタイミングのレートが使用されます。このレートは通常それぞれの会社が決めたレートを使用しますが、Wiseの場合は一般的に世の中で示されている本当のレートがそのまま使用されます。ですので、Wiseのレートには隠した会社側の利益は存在しません。(通常はこの隠れた会社側の利益が入ってしまいます。)
  • Wiseの利益として私達ユーザーが支払う手数料は、「弊社手数料」として支払い前に表示されます。また、入金方法によっては別途手数料がかかりますが、銀行口座から振り込みをすれば問題ありません。
  • 一回の送金限度額は100万円です。しかし一日の送金回数には制限がないので、小分けする手間はかかりますが一日の限度額はないという事になります。

Wiseで送金した際にかかる手数料

前項でも触れましたが、送金から現地でお金を下ろすまでの全ての過程でかかる可能性のある手数料がいくつかあります。

STEP
国内の日本口座からWiseへ振込

Wiseの口座は「三菱UFJ」です。なので、ご自身の口座が三菱UFJであれば手数料はかかりません。また、お持ちの銀行から他行への振込が無料となる特典がついている銀行もあります。確認しておきましょう。

ご自身の三菱UFJからWiseへ振込無料
その他ご自身の銀行口座からWiseへ振込ご自身がお持ちの口座から他行への振込手数料
Wiseへの振込手数料
STEP
Wise使用による手数料

2つの手数料があります。

一つ目はWiseの取り分となる「弊社手数料」。こちらは送金金額と、送金先の国によって変わります。

もう一つは、振込方法によるWise内でかかる手数料。振込方法は、銀行振込またはデビッドカード振込の2つから選べます。銀行振込を選択すればこちらは無料です。デビッドカードから振込をした場合、結構手数料がかかります。

弊社手数料金額と送金先による
弊社手数料
銀行振込手数料無料
デビッドカード振込手数料結構かかる(例:5万円の送金で2000円ほど)
Wise内振込手数料
STEP
現地ATMで現金を下ろす際の手数料

手元にお金を引き出さないと使えないので、念のためこちらも記載しておきます。

基本的には現地メガバンクの銀行口座へ送金することをオススメします。そして、ご自身の銀行のATMを使用すれば引出し手数料はかかりません。しかし、その他のATMを使用した場合に高額な引出し手数料が発生する可能性があります。

お持ちの銀行の専用ATM無料
その他ATM会社が運営するATM高額になる可能性も
現地での引出し手数料

可能性のある手数料は全て書き出せたかと思います。そして、うまくやれば手数料は最低限で済むことが分かりました。

検証【5万円をカナダドルで下ろす場合】

では本題に入ります!条件は前回までと同様に日本円を5万円分、カナダドルへ両替していきます。

さらに、上記の手数料は私の場合

  • 三菱UFJの口座を持っている為、口座振込手数料無料
  • 銀行口座から振込をする為、Wise内振込手数料無料
  • 現地メガバンクの口座で銀行専用ATMで引出しできる為、引出し手数料無料

となりますので、上記手数料はかからない事とします。

両替による損

こちらは、通常のレートと異なる独自のレートが使用される他の方法の検証に使用した項目になります。Wiseは、隠れた利益を含むレートは使用していませんので、この両替による損はありません!言い換えると、Wiseが使用しているレートは、googleやロイター等で確認できる本当の為替レートが使用されているので明確ですし、ぼったくられているような不安な気持ちにならなくて済みますね。これがWiseが選ばれる理由の一つなのかと思います。ひとまず安心できますね。

Wise使用による手数料

先ほどから頻出しているWiseの取り分となる「弊社手数料」。

50000円をカナダドルで送金する場合\457
Wise内手数料

また、今回はかかりませんが、デビッドカード振込をした場合は以下の金額が上乗せされます。今回は銀行口座から振込するのでこちらはかかりません。

50000円をカナダドルで送金する場合\1597
デビッドカード振込の手数料

検証結果

今回のWiseの結果は、たったの457円でした!海外へ数カ月でも滞在する予定のある方は、現地通貨を現金で手に入れる最善の手段になるかと思います。

またこの結果は、以下の条件が揃っている形で検証した金額でもあります。

  • 三菱UFJの口座を持っている為、口座振込手数料無料
  • 銀行口座から振込をする為、Wise内振込手数料無料
  • 現地メガバンクの口座で銀行専用ATMで引出しできる為、引出し手数料無料

是非皆さんもWiseを使用する際には、上記の手数料に気を付けてお得に送金してみてください!

ホーム » カナダ情報 » お金 » 【Wise送金の解説と手数料全て】 実際にお得か検証してみた!デビットカードや外貨両替とも比較!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

AUTHOR

オーストラリア留学後、海外移住を目標に日本で生活。
2022年10月にカナダにワーキングホリデイで入国。カナダ永住に向けて奮闘中です。
主にカナダに関する現地からの情報をお伝えしていきます。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次