カリフォルニア空港に着いたらまず行きたいファストフード店「IN-N-OUT BURGER」

カリフォルニア旅行に来たら絶対外せないファストフード店「IN-N-OUT BURGER」を、紹介していきます!

目次

IN-N-OUT BURGER

「インアンドアウトバーガー」はカリフォルニア発祥のファストフード店です。アメリカといえば数多くのファストフード店の本店が存在していますが、カリフォルニア州に行く方が逃してはいけないのがこちらのファストフード店。

インアンドアウトバーガーはカリフォルニア発祥のファストフード店で、カリフォルニア州内になんと「271店舗」もあります!また、その他西側の6つの州で展開しており全店舗数は392店舗。(2023年8月現在)アメリカの中でも西海岸に行った方しか食べる事のできない特別なファストフード店と言えます。

空港近くの店舗

私たちが今回行ったのは、空港から近くの「9149 S Sepulveda Blvd」に位置する店舗です。こちらの店舗は、近距離で離着陸する飛行機が飛び交う、迫力満点のスポットとなり、名所的な店舗だそうです。(←現地のウーバードライバーによる)それが、本当にドライブスルーも店内も大混雑なんです!ファストフード店でこんなに混んでいるのは人生で見たことがありません。多分日本のクリスマスのケンタッキーでも全然勝てません(笑)

実は空港近くにはもう1店舗があり、そちらは「600 N Sepulveda Blvd」に位置しています。

メニュー

チーズバーガー
3種類のコンボ

コンボ・・・選んだバーガー1つ+フライドポテト1つ(サイズ展開なしのレギュラー1択)+ジュースMサイズ1つ

このジュースMとは、「カップのサイズがMサイズ」というだけであり、セルフで好きなドリンクをお代わりし放題のスタイルです。注文時に飲み物の種類を選ぶ必要はありませんし、基本的にカップのサイズアップも不要かと思います。

注文時は、数字を言うだけでとっても簡単!「ナンバーワン」といえば下記の「#1 DOUBLE-DOUBLE®のコンボ」を購入できますよ!ちなみに他にサイドメニューを付けるか、とかドリンクのサイズはMでいいか、などは必ず聞かれます。

単品ハンバーガー

ハンバーガー単品のみでも注文可能です。種類は上記のコンボと同様3種類のみです。

  • DOUBLE-DOUBLE®
  • CHEESEBURGER・・・写真で紹介しているハンバーガー
  • HAMBURGER
単品サイド

単品で注文できるサイドメニューは以下の通りです。

  • フライドポテト「レギュラーサイズ1択」
  • ジュース「スモール・ミディアム・ラージ・エクストララージの4択」(注文時には適当に「ミディアムコーク」とでもいえばMサイズのコップゲットできます、コーク以外でもなんでも飲んで大丈夫。
  • シェイク
  • ミルク
  • ホットココア
  • コーヒー

注文して食べてみた!

友人と2人でシェア

私は友人と二人で折半すればいいね、との事で

  • #2 チーズバーガー(コンボ)×1
  • 単品チーズバーガー×1

を注文しました。ポテトとドリンクはシェアということになります。

結果、めちゃくちゃ大正解!1人1つずつコンボを注文しても食べきれたかとは思いますが、この量でもぴったり空腹を満たすことができて断然安上がりでした(笑)ちなみにジュースは毎回フルで入れずに色んな種類を飲み比べしていたので3回はお代わりしました!ジュースでもお腹いっぱい!(笑)

美味しすぎる

ハンバーガーは超シンプルですが、毒っぽさが無く、とっても美味しい!チーズもたっぷり入っています!

そして最後にどうしてもひとこと残しておきたいのが、「フライドポテトが美味しすぎる!」

見た目はマックのフライドポテトに近いのが写真からお分かりいただけると思うのですが、食感が全然違います。個人的な表現だと、揚げたてサクサクの天ぷらに近い食感!

調べてみたら「100%サンフラワー(ひまわり)オイル使用」が売り文句のようです。

全体的に本当にファストフード?というクオリティの高さです。ぜひカリフォルニアに行く際は食べてみてください!

また、カリフォルニアでレストランを探している方はこちらもお読みください!

ホーム » カナダ情報 » アメリカ » カリフォルニア空港に着いたらまず行きたいファストフード店「IN-N-OUT BURGER」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

AUTHOR

オーストラリア留学後、海外移住を目標に日本で生活。
2022年10月にカナダにワーキングホリデイで入国。カナダ永住に向けて奮闘中です。
主にカナダに関する現地からの情報をお伝えしていきます。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次